So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

丹青社の第3四半期決算

今日の結果です。


インフォコム:1526(+39)


丹青社:762(+14)


トーセイ・リート:110400(+1400)


ビジョン:2575(+115)


JIA:3360(+140)


鎌倉新書:1000(-94)


富士山マガジンサービス:2403(-17)


静甲:598(+8)


今日の総資産約922万円です。


丹青社が第3四半期決算を発表しました。

売上高 :549億2700万円(+14.0%)
営業利益: 37億2000万円(+51.4%)
経常利益: 38億5500万円(+55.5%)
純利益 : 25億1300万円(-35.1%)
EPS : 52.25円

素晴らしいですね。
第1四半期がいまいちで、第2四半期がそこそで
第3四半期は素晴らしいです。

第3四半期決算と同時に通期予想の上方修正と
配当予想の上方修正を出しています。

上方修正後の数字で進捗率を見てみると、
売上高は77%程度ですが、利益は97%くらいです。
つまり、上方修正後の数字も既にほぼ達成しています。

ここは毎四半期、着実に利益が上がるわけではなく、
四半期ごとのブレがあって、第4四半期に赤字を
計上している年もあって、上方修正後の数字が
適切なのか控えめなのか、わかりません。

配当は中間10円、期末10円の計20円から、
中間10円、期末12円の計22円に上方修正しました。

今日の終値で見ると、PERは約14.6倍、
配当利回りは約2.88%です。
良い水準にいると思います。


おもしろかったら、投票お願いします。

↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ




nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

鎌倉新書の第3四半期決算

今日の結果です。


インフォコム:1487(-47)


丹青社:748(+7)


トーセイ・リート:109000(-300)


ビジョン:2460(-131)


JIA:3220(+45)


鎌倉新書:1094(+79)


富士山マガジンサービス:2420(+10)


静甲:590(±0)


今日の総資産約918万円です。


鎌倉新書が第3四半期決算を発表しました。

売上高 :9億9800万円(+17.8%)
営業利益:2億5400万円(+54.0%)
経常利益:2億5000万円(+58.0%)
純利益 :1億5700万円(+66.4%)
EPS :  19.47円

素晴らしいですね。
売上も伸びていますが、それ以上に利益の伸びが
すごいです。

進捗率も売上で75%、利益は80%前後になっています。
会社の予想よりも良い数字のようですが、
今後のリスクを考慮して、上方修正はしないそうです。

鎌倉新書は社名だけ見ると、本を売っていそうですが、
確かに本も売ってはいますが、
メインは葬儀、仏壇、お墓のポータルサイト運営です。
本社も鎌倉ではなく、東京の日本橋です。

いわゆる「終活」のための会社と言えると思います。

葬儀、仏壇、お墓のそれぞれのサービスの売上を見ると、
葬儀は2億2800万円、仏壇は9000万円、
お墓は5億3600万円でした。

お墓の売上が一番多いというのは少し意外でしたが、
地元を離れて都会に住んでいるような人にとっては、
先祖代々のお墓が自分の住んでいる場所にあるわけでなく、
どうして良いか困るということでしょうか。

決算発表と同時に立会外分売を発表しました。
誰が持っていた株を売るのかはわかりませんが、
東証マザーズ上場、上場から1年経過などを考えると、
2部への指定替えを狙っているのかもしれません。


おもしろかったら、投票お願いします。

↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ




nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:

6人に1人が・・・

今日の結果です。


インフォコム:1534(-26)


丹青社:741(+9)


トーセイ・リート:109300(+300)


ビジョン:2591(-70)


JIA:3175(+115)


鎌倉新書:1015(-10)


富士山マガジンサービス:2410(±0)


静甲:590(±0)


今日の総資産約919万円です。


仕事が終わって帰り道、2~3年目くらいの社会人が

「ボーナス、65万円ですよ。やってられないですよ。
 こんな会社辞めてやりますよ」

と、飲み会の後だったんでしょうね。
先輩らしき人に話していました。

何年目かはわかりませんが、まだだいぶ若かったので、
65万円もらってればいわゆる勝ち組のほうだと
思うのですが・・・


それはそれとして、最近気になるCMがありまして、
日本財団の日本の子供の6人に1人が貧困状態にあると
言っているやつです。

ほんとですか!?
子供の貧困は取り上げられることがずいぶんと
増えてきましたが、6人に1人って・・・

貧困で怖いのは、お金がなくて大学に行けない、
高校に行けない、ということになると、
当然、良い仕事につける確率は下がって・・・

環境さえ良ければ中には、ある分野で物凄い活躍を
したり、誰かから感謝されるようなことができる
子供もいると思うのですが、それが貧困ということで、
将来への道が狭まってしまうのは非常に残念です。

日本財団ではそういう子供たちへの支援に
一口1000円の寄付を集めています。

僕も日本財団ではありませんが、あしなが育英会に
毎月2500円の寄付を数年続けています。


おもしろかったら、投票お願いします。

↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ




nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

高金利キャンペーン

今日の結果です。


インフォコム:1560(-20)


丹青社:732(+2)


トーセイ・リート:109000(-800)


ビジョン:2661(-121)


JIA:3060(+15)


鎌倉新書:1025(+26)


富士山マガジンサービス:2410(+10)


静甲:590(+4)


今日の総資産約920万円です。


ボーナスの時期です。
もう既に出た人も、これからの人もいると思います。

この時期になるとネット銀行を中心に定期預金の
金利を高くするキャンペーンが行われます。
ということで、見てみたいと思いますが、
マイナス金利の影響であまり期待できません。



・清水銀行(清水みなとインターネット支店)
 1年、3年 ⇒ 0.28%

・静岡銀行(しずぎんインターネット支店)
 1年 ⇒ 0.25%
 3年 ⇒ 0.27%

・オリックス銀行
 6カ月、1~5年 ⇒ 0.2%

・住信SBIネット銀行
 6カ月、1年 ⇒ 0.2%

・ソニー銀行
 6カ月、1年、2年 ⇒ 0.18%

・楽天銀行
 1年 ⇒ 0.12%

他にもじぶん銀行が定期預金と他の金融商品と
セットだったり、大和ネクスト銀行が
新規口座開設者限定で高金利の定期を提供していたり
します。

静岡銀行と清水銀行は僕の地元ということで、
オマケの紹介ですが、他のネット銀行より高金利でした。

地方銀行のネット専用の口座では他にも
高金利の定期預金を提供しているところがあるようなので、
そちらを探すと、もっと高金利のところが
見つかるかもしれません。


おもしろかったら、投票お願いします。

↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ




nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

交代

今日の結果です。


インフォコム:1580(-10)


丹青社:730(-10)


トーセイ・リート:109800(+1300)


ビジョン:2782(+58)


JIA:3045(-80)


鎌倉新書:999(-16)


富士山マガジンサービス:2400(-30)


静甲:586(+3)


今日の総資産約922万円です。


いろいろと世界の首脳が代わりそうです。

アメリカで来年にトランプ大統領が誕生するのは
周知の通りですが、お隣の韓国も大統領が任期満了前に
代わりそうです。

大統領が儀礼的な立場の国もありますが、
アメリカや韓国は大きな権力を持っているので、
任期満了前に代わるのは異例ですが、
遅くても来年前半中に代わることでしょう。

イタリアでは首相が自らの首をかけて、
改憲を目指した国民投票をしましたが、
見事に失敗して辞任となりそうです。

イタリアは経済に大きな問題を抱えているので、
混乱している場合でもないのですが。

ちなみにイタリアも大統領制ですが、実権は首相が
握っています。

オーストリアでも大統領選が行われましたが、
こちらは極右の候補をリベラル派が制したので、
一安心といったところでしょうか。

ヨーロッパでいうと、フランスが来年春に大統領選が
あって、こちらも注目です。

ちょっと先になるのですが、中国も2017年の
11月くらいから少しずつ体制が変わってくるはずです。

というのも共産党のトップである総書記の任期が
2017年11月にやってくるからです。

今の習近平総書記は腐敗撲滅でいろいろと
やってきたので、敵が多い可能性もあります。
スムーズに権力が移行するのか、トップが交代した後に
揺り戻しがないのか。

来年は先が見えない不安にかられた年になるかも
しれませんね。


おもしろかったら、投票お願いします。

↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ




nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

今週の結果 ~価格~ [ポートフォリオ(14年目)]

今日時点の各銘柄の状況です。


インフォコム(4348)
 購入日    買値     現在値    損益(%)
'14/06/03  865×300   1590×300   +83.82%
'14/12/12  858×300   1590×300   +85.31%


丹青社(9743)
 購入日    買値     現在値   損益(%)
'14/12/03   642×600   740×600   +15.26%
'14/12/12   566×600   740×600   +30.74%


トーセイ・リート投資法人(3451)
 購入日    買値      現在値    損益(%)
'15/08/21  125,234×3  108,500×3  -13.36%


ビジョン(9416)
 購入日     買値      現在値   損益(%)
'15/12/21   2000×200   2724×200   +36.20%


ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)
 購入日     買値      現在値   損益(%)
'16/6/17   2690×100   3125×100   +16.17%


鎌倉新書(6184)
 購入日     買値      現在値   損益(%)
'16/6/24   781×400   1015×400   +29.96%


富士山マガジンサービス(3138)
 購入日     買値      現在値   損益(%)
'16/11/9   2690×100   2430×100   -9.67%


静甲(6286)
 購入日     買値      現在値   損益(%)
'16/12/2   583×100   583×100   +0.00%


※買い付け余力、約551万円。


今週の売買。

静甲(6286)
'16/12/02 583円×100株購入


総資産約924万円です。


資産の推移です。

14年目スタート時('16/11/21):922万円
(自己資金330万円)


930万円(11/27)→924万円(12/2)


14年目スタートから、約0%増です。


日本の市場が閉じた金曜日の夜にアメリカの11月の
雇用統計が発表されました。

雇用者数は17.8万人増で市場予想の18万人増に
わずかに届きませんでした。
失業率は4.6%と、9年ぶりの低い水準です。

これで、12月の利上げはほぼ確実視されました。

来年の利上げペースがどうなるかというのが、
次の関心事になっています。

来年はトランプ氏が大統領になって、
公共事業を拡大するのであれば、利上げも何度か
行われることになりそうです。

問題はトランプ氏の手腕が未知数なのと、
彼はドル高を望んでいないようなので、
利上げが円安に結びつくかは微妙です。


今週、もうひとつの注目はOPECです。
OPECの総会で原油生産の減産で合意したことです。
これで原油価格は持ち直しそうです。

需要がそこまで盛り上げっているわけではないので、
原油価格が上がれば、アメリカのシェールオイルの
生産が増えるので、以前ほど急騰することは
ないんじゃないかと思います。

為替は1ドル=110円くらい、
原油価格は今よりちょっと高いくらいまでが
日本経済にとっては良い水準じゃないかと個人的には
思います。



おもしろかったら、投票お願いします。
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ




nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:

2016年のIPO

今日の結果です。


インフォコム:1590(-51)


丹青社:740(-9)


トーセイ・リート:108500(+900)


ビジョン:2724(-14)


JIA:3125(-115)


鎌倉新書:1015(-16)


富士山マガジンサービス:2430(+69)


静甲:583(-6)


今日の総資産約924万円です。


今日の売買。

静甲(6286)
'16/12/02 583円×100株購入


早いのかそうでもないのかよくわかりませんが、
12月です。

12月のIPOは15社となり、今年のIPOが
全部で84社になりました。
これは2015年の85社より1社少ない数字です。

去年の年末くらいには今年のIPOは100社を
超えるんじゃないかと言われていた気もしますが、
残念です。

イギリスのEU離脱で相場が不安定になったり、
上場直後に業績の下方修正をするようなところが
出てきたことで上場審査が厳しくなったことも
影響しているようです。

来年も今年と同じくらいのIPOが見込まれています。

そういえば、JR九州のように上場が噂され、
見事に上場したところもあれば、ヨドバシカメラとか
東京メトロのように噂はされつつも、まだ上場していない
ところもあります。

最近は株主還元の一環で、自社株買いが盛んで
市場から資金がわりと吸収されているので、
IPOで資金を調達しやすい環境にあるんじゃないかと
思います。

誠実で良い企業の上場を期待しています。


おもしろかったら、投票お願いします。

↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ




nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:

世界の都市総合力ランキング

今日の結果です。


インフォコム:1641(-46)


丹青社:749(-5)


トーセイ・リート:107600(-500)


ビジョン:2738(-102)


JIA:3240(-115)


鎌倉新書:1031(-19)


富士山マガジンサービス:2361(-79)


今日の総資産約929万円です。


10月に森記念財団都市戦略研究所が、
世界の都市総合力ランキング(GPCI)2016を
発表しました。

どいうものかというと、世界を代表する42都市を選び、
「経済」、「研究・開発」、「文化・交流」、
「居住」、「環境」、「交通・アクセス」の6分野で
70の指標に基づいてランキングをつけたものです。

では、ランキングです。

1位:ロンドン(イギリス)
2位:ニューヨーク(アメリカ)
3位:東京(日本)
4位:パリ(フランス)
5位:シンガポール(シンガポール)
6位:ソウル(韓国)
7位:香港(中国)
8位:アムステルダム(オランダ)
9位:ベルリン(ドイツ)
10位:ウィーン(オーストリア)

この手のランキングは他にもあって、
たいてい上位4カ国はロンドン、ニューヨーク、
東京、パリで同じですが、東京は決まって4位です。

このランキングも去年までは東京が4位でしたが、
今年は3位に上がりました。

6分野で見ると、東京は経済は1位、
研究・開発は2位、文化・交流は5位、居住は6位、
環境は12位、交通・アクセスは11位となっています。

東京より上のロンドンやニューヨークと比べると、
文化・交流と交通・アクセスで差がついているようです。
東京の環境は12位ですが、ロンドンは8位、
ニューヨークは30位と実はここではあまり差が
ついていません。

それでも、文化・交流については東京は昨年より
国際コンベンション開催件数、海外からの訪問者数、
買物の魅力、食事の魅力でスコアを伸ばしていますが、
及んでいません。

交通・アクセスについては確かに東京の中の評価は
高いようですが、国際的なアクセス、つまり空港について
評価がまだまだ低いようです。

おもしろかったのは同じ調査の中でその都市を表す
キーワードのランキングがありました。

ロンドンはビッグベン、ニューヨークは自由の女神と
ランドマークがあがっていましたが、
東京はランドマークが10位以内には入っていませんでした。

東京タワーやスカイツリーのキーワードはほとんど
日本人しか挙げていないようです。

確かにそうでしょうね。

江戸城が残っていれば、世界的に有名なランドマークに
なっていたでしょうから、残念ですね。


おもしろかったら、投票お願いします。

↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ




nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:

結果

今日の結果です。


インフォコム:1687(+34)


丹青社:754(+3)


トーセイ・リート:108100(+700)


ビジョン:2840(+13)


JIA:3355(+205)


鎌倉新書:1050(+18)


富士山マガジンサービス:2440(+40)


今日の総資産約937万円です。



おもしろかったら、投票お願いします。

↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ




nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

銀行再編?

今日の結果です。


インフォコム:1653(+5)


丹青社:751(-4)


トーセイ・リート:107400(+1300)


ビジョン:2827(-10)


JIA:3150(+65)


鎌倉新書:1032(-16)


富士山マガジンサービス:2400(-38)


今日の総資産約931万円です。


定期的に報じられるような気がしていて、
最近、聞いていない気がするニュースとして、
銀行の再編があります。

ふくおかFGが十八銀行を傘下におさめることが
2月くらいに発表されてから半年以上、話がないと
思います。

だいたい半年~1年で銀行の再編は聞こえてくるので、
そろそろ次の話がありそうな気がします。


仮に再編があるとしたら、各県の1番行同士よりは、
1番行と別の県の2番手以下、
人口減少社会の中でもビジネスが期待できる南関東、
モノづくりの愛知県や、この前の国勢調査で人口減少が
予想以上に進んでいった地域の銀行あたりでしょうか。

あとは、同じシステムを使っているか。

銀行の中で「勘定系」と呼ばれるシステムは
銀行業務の中心で、非常に多額のお金がかかります。

かといって勘定系システムがなければ業務が
できないくらい重要なため、銀行同士が集まって
同じシステムを使うことで開発費用を抑えるケースが
多々あります。

そういうシステムですから、経営統合に伴って、
どちらかのシステムに統合するのは非常に大変で
お金もかかり、みずほ銀行はこれで何度か
失敗しています。

それなら最初から同じシステムを使っているほうが
統合は楽で、同じシステムを使っている縁で顔を
合わせる機会あるはずです。

Wikipediaの情報ですが、
この勘定系システムのグループを調べてみました。

○NTTデータのSTARシリーズ
・東京都民銀行
・但馬銀行
・長野銀行
・富山銀行
・東北銀行
・神奈川銀行
・仙台銀行
・きらやか銀行

○日本ユニシスのBankVision
・百五銀行
・十八銀行
・筑邦銀行
・紀陽銀行
・佐賀銀行
・山梨中央銀行
・鹿児島銀行
・スルガ銀行
・北國銀行

○八十二銀行のじゅうだん会
・八十二銀行
・阿波銀行
・山形銀行
・琉球銀行
・武蔵野銀行
・筑波銀行
・宮崎銀行

○三菱東京UFJの地銀共同化システム
・常陽銀行
・百十四銀行
・十六銀行
・南都銀行
・山口銀行
・北九州銀行
・もみじ銀行

○NTTデータ地銀共同センター
・京都銀行
・千葉興業銀行
・池田泉州銀行
・岩手銀行
・荘内銀行
・愛知銀行
・福井銀行
・青森銀行
・北越銀行
・秋田銀行
・四国銀行
・足利銀行
・鳥取銀行
・西日本シティ銀行
・大分銀行

他にもあるみたいですが、こんな感じです。
もしかしたら、このグループの中で統合の話が
次は出てくるかもしれません。


おもしろかったら、投票お願いします。

↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ




nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -