So-net無料ブログ作成

みずほ証券とジェイコム・ショック [反響のあったネタ]

株・投資 ランキング←どうか、ランキングにご協力をお願いいたします。

今日は8日に起きたジェイコム株の事件について、
その後を書きたいと思います。

事件を起こしたみずほ証券は1200億円くらいの
損失になるなんて言われましたが、
そこまではいかないようですね。

僕の勝手な思い込みと独断に基づく書き方をすると、
経緯はこんな感じだと思います。

事件は、8日に東証マザーズに新規上場したジェイコム株の
取引で起こりました。

-----------------------------------------------

みずほ証券に同社の顧客から一本の電話がかかって
きたところから事件は始まります。

「あ~、○○だけど、営業のAさんいるかね?」
「いつもお世話になっております。○○様。Aですね。
 かしこまりました。
 少々お待ちいただけますか?」

時刻は9時20分を回ったところ。
相場が開いたばかりのこの時間帯は、顧客からの電話も多い。
この電話も同社の顧客の○○からだった。

「あ、Aさん? ○○様から電話です」
「りょうかぁ~い」

顧客から電話がかかってくるときは、だいたい売り注文だ。
どの銘柄を売ってくるんだ。
そんなことを考えながら、Aは電話を回してもらう。

「お待たせいたしました。Aです。○○様、今日は
 どういったご用件で?」
「おお、Aさんか。ほら、今日上場する・・・何と
 言ったけな。ジェイ・・・何とかっていう銘柄があるだろ?
 あれだよ。あれ。」
「あ~、ジェイコムですね」

そういえば、IPOの割り当てをしていたのを思い出した。

「売却でしょうか?」

通常の銘柄であれば、売りを思いとどまらせることもあるが、
IPO銘柄となれば、別だ。
早めに売らせて、利益を出させておいたほうがいい。
確実に儲けさせて恩を売っておいたほうが、後々、国債や
投信販売のノルマをかせられたときに、話が出しやすくなる。

「そうそう。売ってしまいたいんだが」
「かしこまりました。いくらにいたしましょう?」

目の前にあるPCの画面はすでに、いつでも売り注文の条件を
入力できるようになっている。

「1株、61万円で売りたいんじゃが」
「1株、61万円ですね」

"1"株・・・"61"万円と・・・
電話をしながらも、キーボードから条件を入力していく。
あとは、「決定」ボタンをクリックするだけだ。

「そうそう。1株61万円で頼むよ」
「はい。1株61万円ですね。約定しましたら、ご連絡を
 差し上げますので」
「おうおう。じゃあ、頼むよ」

Aは、電話を切ると同時に、画面の「決定」のボタンを
クリックする。
次の瞬間、警告の画面が出る。

警告画面など、実際は警告といより、確認でしかない。
どうせ、本当にまずい注文であれば、システムが
受け付けることなんてないないのだから。

ろくに警告画面を確認するまでもなく、「YES」をクリック。
これで、注文は完了だ。
あとは、約定した後に顧客に電話を入れるだけだ。

最近は相場が好調で、顧客からの電話も多い。
つい2、3年前まではこっちから電話しても、ろくに
取り合うこともなかったくせに今では、自分から電話を
かけてくる。

「楽になったなぁ」

Aは誰にともなく、そうつぶやいて、背もたれに身をゆだねる。
こうも相場が好調だと、今日も忙しくなりそうだ。

「おい、まずいぞ」

何気なく画面を覗き込んだ同僚が何か言ってくる。

「どうした? 急落でもしたか?」

最近は、急激に上昇していたのだから、今日あたり調整した
としてもおかしくはない。
だが、同僚の次の一言は、そんな調整どころか、バブル崩壊の
衝撃に近いものだった。

「お前、1円で61万株売ってるぞ!」

何だって!?

慌てて、画面を確認すると確かに、1円で61万株の
売り注文だ。

「やばいぞ。早く取り消せ。取り消せ。今なら間に合う」

言われなくても早く取り消さないと、それこそ取り返しの
つかない事態になる。

「・・・取り消せなさいぞ」

おかしい。
取り消し注文は出したはずだが、受け付けられていないようだ。
板から大量の売り注文が消えない。
まずい・・・

「もう1回だ。もう1回やってみろ」

どこかで入力をミスったか、そう思いもう一度、
注文の取り消しを行う・・・

消えない・・・大量の売り注文は消えない。
もう一度。
それでも、取り消しはできない。

「おい、取り消しができないぞ。どうする!?」
「仕方ない。買い戻せ、買い戻せ」
「そんなことして大丈夫なのか!?」
「取り消しができないんだったら、買い戻すしかないだろ?
 こんなものを他の誰かに買われたら、それこそ莫大な損失だ」

自分たちで出した売り注文を自分たちの買い注文で
約定させるのだから、他に誰かに買われるより被害は少ない。
すかさず、大量の買い注文を出す。

約定・・・
約定・・・

だが、約定していく間にも、株価はどんどん上がっていく。

約定・・・
約定・・・

明らかに、自分たち以外の誰かも買っているようだ。
まずい・・・まずいぞ・・・

-----------------------------------------------

とまぁ、こんな感じだったんじゃないかと、僕は勝手に
想像したわけです。

61万株の売り注文がもし、全部、みずほ証券ではない
他の誰かに買われていたとしたら1000億円以上の
損失だったでしょう。

ですが、61万株の売り注文のうち、50万株近くは
買い戻すことはできたようで、残りは10万株程度のようです。

すると、後はこの10万株をどうにかすればいいだけ
ですので、損失は最低でも270億円程度にまで
下がるようです。

ただ、ジェイコムの発行済み株式数は1万5千弱ですので、
それでも、株数が足りません。

ネットで株をやっているとわからないのですが、
実際に株がくるのは、買ってから4営業日後になります。
これは、名義書換等の事務手続きのためだと思います。

画面上では買ったその日に株は増えているので、
わかりませんけどね。
配当や優待、分割等の権利をとるときに意識をするくらい
でしょうか。

ですので、みずほ証券は8日の営業日後である
14日までには、どうにかしないといけません。

ただ、さきほども書いたように発行済み株式数以上の
株を売ってしまっているので、どうあがいても株を
用意することはできませんので、現実的なところでは、
お金を渡すことで解決するしかないところでしょう。

8日にジェイコム株を買えた人で、今後も上がるだろうから
持っていたいと思っても、実際には株ではなく現金が
くるようなこともありえるのです。

強制的に8日に買った人すべてに、株ではなく現金を
渡すのか、証券会社など、大量の株数を持っているところと
個別に話を進めていくことになるかはわかりませんが。

そのときの現金の額ですが、8日の最高値の77万2千円を
最低限とする方向のようです。
9日は取引が停止されていましたが、その9日の
値幅制限分や明日の分も上乗せするようなことも
考えられているようです。

まぁ、その程度は仕方のないところだと思います。

そして、今日、さらに動きがあったようです。

みずほ証券はこの誤った注文を出した後に取り消し注文を
出したようですが、受け付けられませんでした。
当初はこれはみずほ証券側のミスで取り消し注文をが
有効にならなかったと言われていました。

が、今日、東証の会見によると、どうやらこれは、
みずほ証券ではなく、東証のシステムの問題だったようです。

とすると、話はぜんぜん変わってきます。
取り消し注文が正常に受け付けられていれば、これだけ
事態は大きくなっていなかったかもしれません。

もしかしたら、61万株の売り注文のうち約定したのは、
発行済み株式数の範囲内だけだったかもしれませんし、
そもそも、1株も約定することがなかったかもしれません。

そう考えると、みずほ証券が今回の問題のすべての責任を
追う必要があるかどうか怪しいものです。

もちろん、みずほ証券に問題がなかったわけではないのですが、
問題が起こった中でも、取り消し注文を出すという対応を
とっているので、東証のシステムがしっかりしいれば、
ここまでの問題にはならなかったことでしょう。

現在言われているより、はるかに少ない損失で
すんだことでしょう。

そう考えると、東証にしても、それ相応の金銭的負担が
あっていいものだと、思います。

そして、今回の東証のシステムの問題も、ついこの前、
起こった東証のシステム停止と同様、富士通が作った
システムのようです。

ちょっと、富士通にはマイナスですね。
これだけ、株式市場が注目を集めている中、こんな短期間に
ふたつも世間を騒がせるような問題が起こっては・・・

ただいま、株に関するご質問を募集しています。

ぜひぜひ、基本的なご質問をお待ちしております。
簡単な質問、大歓迎です!

ご質問は、コメントかメールでお願いします。
quexseraxsera@mail.goo.ne.jp

株・投資 ランキング←どうか、ランキングにご協力をお願いいたします。

E*トレード証券
E*トレード証券が口座開設キャンペーン中!
サービス充実で、手数料の安さならE*トレード証券!

マネックス・ビーンズ証券
口座開設キャンペーンで3000円がもらえます。
トヨタ車の当たるキャンペーンも!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。