So-net無料ブログ作成
検索選択

初詣 神社

satta_2017
















※2017/1/1 さった峠から眺めた富士山です。

みなさん、初詣行きましたか?
何となく大晦日はお寺で除夜の鐘、
1月1日は神社で初詣、という気がしますが、
初詣がお寺でも良いようですね。

ここでは神社に初詣に行くとして、その神社のお話です。

まず、神社にもいろいろありまして、祭神について言うと、
自然を神様として祭っている神社、
日本書紀や古事記に出てくる神様を祭っている神社、
歴史上の人物などを神様として祭っている神社とあります。

日本最古の神社と言われる大神神社(おおみわじんじゃ)は
奈良県にありますが、ここは神社の背後にある
三輪山をご神体としています。

祭神の大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が
この三輪山に鎮まるので、三輪山をご神体としていて、
純粋に自然神かは微妙ですが、おそらく山に対して畏敬の
念を抱いていたのが始まりじゃないでしょうか。

他にも稲荷神社は狐を神様としていて、
自然を神様としています。

日本書紀や古事記に出てくる神様を祭っているのは、
天照大御神を祭っている伊勢神宮(内宮)、
大国主命を祭っている出雲大社などです。

歴史上の人物を神様としているのは、
明治天皇の明治神宮、菅原道真の太宰府天満宮、
徳川家康の東照宮などです。

変わったところでは、伏見稲荷神社には麻雀放浪記で
有名な「阿佐田哲也」が「阿佐田哲也大神」として
祭られています。


さてさて、初詣に行くと物凄い人の数でお賽銭で
さぞかし儲かっているんだろうなと、
宗教法人って税金もかからないですしね、
と思いますが、実はなかなか厳しいようです。

世界遺産の下鴨神社が敷地内にマンションを建てることが
ニュースになったのも神社の「経営」が厳しいことを
表しています。

初詣のお賽銭もお札を入れる人もいますが、
単価だと100円にも及ばないようです。
「ご縁」がありますように、と五円の人も多いですからね。

一人100円だとすると、300万人以上が来る
明治神宮でもお賽銭は3億円くらいということになります。

これで人件費をまかなって、神社の建物などの修繕を
やっていくのは厳しいということです。
伊勢神宮に限らず式年遷宮は多くの神社でやるものですが、
財源が捻出できずにやっていないところも多いのです。

願い、祈りとお賽銭の額には関係ないようですが、
今年は神社のためにちょっと多めにお賽銭をしてみるのも
良いのではないでしょうか。


※週刊ダイヤモンドの2016/4/16号や
 一個人の2017/1号を参考にしてみました。

おもしろかったら、投票お願いします。

↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ



nice!(20)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 20

コメント 2

ネオ・アッキー

あけましておめでとうございます。
佳いお年をお迎えになったことと思います。
本年も相変わらずご厚情の程よろしくお願い致します。
by ネオ・アッキー (2017-01-03 02:04) 

ぺこんぎん

>ネオ・アッキーさんへ
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
本年が多くの人にとって良い1年だと良いですね。
by ぺこんぎん (2017-01-04 23:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。