So-net無料ブログ作成
検索選択

郵政3社

今日の結果です。


インフォコム:2508(-196)


トーセイ・リート:105200(-1100)


ビジョン:2372(-138)


JIA:2574(-218)


鎌倉新書:1520(-116)


ダブルスタンダード:5650(-250)


エスプール:2862(-218)


今日の総資産約1201万円です。


政府の保有株の売り出しが報道された
日本郵政ですが、ゆうちょ銀行、かんぽ生命と
合わせてPERや配当利回りを見てみたいと思います。


・日本郵政(6178)
 株価:1282円
 EPS:97.18円
 PER:13倍
 配当:中間=25円、期末=25円
 配当利回り:3.9%


・ゆうちょ銀行(7182)
 株価:1366円
 EPS:93.35円
 PER:15倍
 配当:中間=25円、期末=25円
 配当利回り:3.6%


・かんぽ生命保険(7181)
 株価:2270円
 EPS:143.39円
 PER:16倍
 配当:期末=64円
 配当利回り:2.8%


何と言うか、成長期待が素直に株価に表れている
ようですね。

日本郵便(未上場)、ゆうちょ銀行、かんぽ生命を
傘下に抱えながらも利益を出しているゆうちょ銀行、
かんぽ生命の株を売らないといけない日本郵政が
一番、PERが低くなっています。

日本郵政は傘下の日本郵便が海外のM&Aで巨額の
損失を出し、日本郵政自身も野村不動産HDの
買収を画策したものの断念しています。

今後の成長への展望が見えづらくなっています。

ゆうちょ銀行は日本郵政よりマシとはいえ、
低金利で収益環境はよくありません。

その中でかんぽ生命保険は相対的にマシなところに
いるんでしょう。
PERが高く、配当利回りが低くなっています。


おもしろかったら、投票お願いします。

↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ




nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ: